観光地として人気を高めている徳之島(とくのしま)。

 

沖縄本島から北に3つ目の離島で、奄美群島に属する鹿児島県の離島です。

 

徳之島町・伊仙町・天城町の3町からなる徳之島は、沖縄と同じように亜熱帯気候で1年を通して暖かく、サトウキビやドラゴンフルーツ、マンゴーなどが収穫でき、どこか沖縄らしさを感じる魅惑の島です。

 

沖縄からは船でアクセス可能ですが、飛行機でも行けるのでしょうか?

 

沖縄⇔徳之島の飛行機について、運賃や所要時間、1日の運航便数を調べてみました!




沖縄と徳之島間の飛行機はある?料金はいくら?

徳之島には「徳之島空港」という空路がきちんと整備されています。ということは、飛行機が飛んでいるということですが、問題は沖縄から飛んでいるのかということです。

 

徳之島には奄美群島を中心に就航された、JALグループの「日本エアコミューター(JAC)」の飛行機が運航されています。

 

運賃は時期や「先得」や各種割引きなどで料金が異なりますが、普通運賃で奄美まで26,000円、そこから徳之島まで14,000円と全て合わせて40,000円前後となります。

 

船だと1万円もかからないので結構割高ですよね。今後観光地として需要がもっと高まれば、安くなるかもしれませんが…今はまだ厳しそう。

 

航空会社や料金の詳しいことについては、公式サイトをご確認ください。

JAC 日本エアコミューター

 

飛行機は普段私たちが国内や国外に行くときに利用する一般的なジェット旅客機ではなく、小さな小型プロペラ機「サーブ340(SAAB340)」という機体となります。

 

機体名を言われても想像がつかないかと思いますが、座席数にすると3列で36席程度です。

 

一般的な飛行機が300席~500席くらいなので、そう考えるととても小さいことがわかりますね!ですが、実はこれ、大きい方です。何を言っているのかというとまずはこの写真を見てみてください。

 

徳之島行きの飛行機

 

徳之島行きの飛行機が小さくて不安な件

 

2014年の年末くらいに沖縄から徳之島へ向かうときに乗ったときの飛行機です。沖縄から一部の離島間をつなぐ貴重な不定期便で、現在は採算が取れないということで廃線となっています。

 

これが2列で8席ほどだったので、このときのものと比べるとサーブ340が大きく感じます(笑)。このときは珍しく満席で、キャンセル待ちでギリギリで搭乗することができたのですが、指定された座席がなんとコックピット席!

 

徳之島行きの飛行機の内部

 

目の前には操縦桿があり(最初に触らないようにと説明があります)、パイロットの右腕として空旅を楽しむつもりでしたが数十分後には結構な乗り物酔いでダウンwお手洗いもないので、ひたすら気分の悪さを我慢する羽目に。

 

那覇空港の滑走路で順番待ちしているときには、自衛隊のスクランブルという機種が目の前で飛んでいくのを見れたりと、とても貴重な体験になったことは間違いありませんが、私の苦い体験談としてプロペラ機は振動を全身でモロに受けるので、普段乗り物酔いをしない人でも乗り物酔い止めの薬を持って行った方がいいです^^;

沖縄から徳之島間まで飛行時間は?どのくらいかかる?

実は料金のところですでに気づいたかと思いますが、沖縄から徳之島へ向かうJACの飛行機は直行便ではありません。奄美大島を経由して、乗り換えで徳之島に着陸します。

 

なので一度徳之島を通り過ぎて、1個上の島「奄美空港」に着陸し「徳之島空港」に向けて再度離陸するということです。

 

沖縄を出発して約1時間ちょっとで奄美に到着しますが、そこから乗客の乗り換えなどで一度飛行機を降ろされます。その後2時間後くらいに搭乗手続きをして、再度飛び立ちそこから約30分強で徳之島にやっと到着します。

 

正確にいうと、フライト時間としてはトータルで約1時間45分くらい!奄美までの約70分と奄美から徳之島までの約35分くらいで105分、ただし奄美で乗り換えまでに2時間20分ほどの待ち時間が発生するので、実質所要時間としては4時間くらいとなります。

 

以前運航されていた不定期便だと直行便で、約1時間前後で行けたので利便性としては少し悪い気がしますが、軽く奄美観光もしつつ徳之島へ行けると考えると一石二鳥で儲けもんと思った方がいいかも!

沖縄⇔徳之島の飛行機の1日の便数は何本?

最後に沖縄那覇から徳之島へ行ける飛行機の1日の便数についてですが、現在は毎日1本限りの運航となっています。

 

毎日定刻で沖縄を昼過ぎに出発する、スケジュールとなります。
・12:35 那覇発→13:45 奄美着/16:05 奄美発→16:40 徳之島着

 

なお奄美から徳之島であれば、これ以外にもう1本はあります。
・10:00 奄美発→10:35 徳之島着

 

奄美大島で1泊して徳之島へ行くなどの際には、午前の便なので便利ですね。その場合は、飛行機ではなく鹿児島から下りのフェリーに乗るのもありかと!

まとめ

時間に余裕があるのであれば、個人的にはフェリーをオススメします。

 

関連記事:徳之島までの船の料金とかかる日数は?

 

もちろん安いのが一番の理由ですが、狭い機内に比べて足を伸ばしてのびのびと過ごせますし、横になって眠ることができるので快適さは格段に違います。もし時間がなくて急ぎの用ということであれば、飛行機がいいでしょうけど。

 

また、長い時間が退屈で船に乗ってられないということであれば、先得など割引をうまく活用してお安く飛行機を予約したいものですね。

 

ちなみに奄美空港と徳之島空港に飛行機から降りるときは、歩いてターミナルへ向かいます。那覇空港からの搭乗の際も飛行機に備え付けの階段から上がるので、特に女性などはヒールよりも歩きやすいシューズを履いていくのをオススメします。

 

大切なことなので、もう一度いいますがくれぐれも乗り物酔い止めの薬はお忘れなく(笑)!

 

沖縄と徳之島間のフェリー料金はいくら?移動日数は何日かかる?

おすすめの記事