沖縄県那覇市にある「泊いゆまち」市場内の『まぐろや本舗』は、たった500円のワンコインで新鮮なマグロ丼を食べられる知る人ぞ知るお店!

 

まぐろや本舗の店舗情報やメニュー、駐車場やちょっと分かりづらい泊いゆまちの行き方まで写真付きでご紹介しますよ〜♪


泊いゆまち『まぐろや本舗』の店舗情報

泊いゆまちは、那覇市の港町泊漁港敷地内に作られた地元の鮮魚店が集まった施設です。ちなみに、沖縄方言で「いゆ=魚」という意味ですよ^^

 

マグロの解体ショーや、新鮮なお魚の刺身や天ぷら、生牡蠣やモズクなど、沖縄の海産物を見て食べてと一度に満喫することができるため、地元の人だけではなく観光スポットとしても人気となっています。

 

市場内には多くの仲卸業者が軒を連ねているのですが、その中でも郡を抜いて人気なのが「まぐろや本舗」!

 

ワンコインで新鮮で美味しいマグロ丼が食べられるということで、市場内で一番賑わっている場所となります。

 

まずは店舗情報について。

 

まぐろ屋本舗は有限会社カネヤマ水産というお魚さんが経営しています。そう、お魚に精通している鮮魚店の直営店ということは、鮮度と味は絶対間違いないのです!

 

■まぐろや本舗
住所:沖縄県那覇市港町1-1-18
開店時間:朝 AM6:00~AM11:00
昼 AM11:00~
駐車場:有
※泊いゆまち無料駐車場利用可能

 

公式サイトで詳しい情報を確認できます。
まぐろや本舗 有限会社カネヤマ水産

 

泊いゆまちは少しだけ分かりづらい場所にあるため、アクセス手段は車(レンタカーやタクシーなど)の利用が断然おすすめ!

 

泊いゆまちへの行き方1

 

波之上臨港道路の泊大橋から北向けに行くと、高架橋下となるため、左手に見える豪華クルーズ船が停泊しているところを横めに過ぎ、適当な交差点でUターンする必要があります。

 

泊いゆまちへの行き方2

 

Uターンして高架橋に差し掛かる手前左脇にそれる道(泊ふ頭行き)があるので、高架橋下へ入ります。泊大橋を南向けに走る場合は、ここから参考にしてください。

 

泊いゆまちへの行き方3

 

するとすぐ右手に一方通行の右折があるので、そこを曲がると目の前に泊いゆまちが見えます。

 

泊いゆまちの駐車場

 

駐車場は敷地入ってすぐ、泊いゆまち建物目の前、もしくは漁港内サイドに広がる無料駐車場を利用してください。

 

泊いゆまちの詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

沖縄県那覇市の泊漁港内にある「泊いゆまち」

まぐろや本舗のメニューをチェック

泊いゆまちのまぐろ屋本舗さん

まぐろ屋本舗さんは、泊いゆまち正面出入口から入って、左側通路をまっすぐ進み右手5件目のお店になります。(青いのれんが目印!)

 

店舗はこじんまりとしており、カウンター8名ほどに会議テーブル4台に配置されたパイプ椅子20脚ちょっとと、この丼を食べるためだけに設置されたという感じで、逆に期待度が高まります。

 

写真左手の券売機で食券を購入し店員に渡すシステムなので、券売機に並ぶ前に場所取りした方がいいかしれません。

 

気になるメニューはこちら。

 

■どんぶりメニュー
・まぐろ丼 500円
・ねぎとろ丼 500円
・まぐろ中落ち丼 500円
・まぐろジャージャー丼 580円
・まぐろ漬け丼 680円
・まぐろ賄丼 680円
・まぐろアボカド丼 680円
・まぐろユッケ丼 780円
・まぐろ蒲焼丼 830円
・まぐろ三色丼 880円
・BBQ和風塩ワサビステーキ丼 880円
・本まぐろ中トロ丼 1,550円
・本まぐろ大トロ炙り丼 1,550円
・美ら海海鮮丼 1,550円
・本まぐろ大トロ丼 1,850円

 

この中で人気が高いのは、やっぱり店名にある看板商品まぐろ丼!

 

「まぐろ丼」や「まぐろ中落ち丼」または「ねぎとろ丼」などがワンコイン500円で破格ということもあり、お客さんのほとんどがこちらをチョイスします。

 

しかも!丼にはお椀と小鉢がセットになっており、お椀は「イカ墨」と「アラ汁」と「アーサー(あおさ)汁」の3種類から好きな物を選ぶことができます。また、ご飯は酢飯か白米か選べるので、自分好みの丼セットが作れちゃうのです。

 

他にもトッピングやお寿司メニューがあります。

 

■トッピングメニュー
・アボガドとろろ 50円
・とろろ 50円
・温泉玉子 50円

 

■お寿司メニュー
・寿司 並 1,050円
・寿司 上 1,250円
・まぐろづくし 1,550円
・美ら海 2,000円

 

■その他メニュー
・いゆまちセット 380円
※ご飯、お汁、小鉢のセット

 

そして市場で働く人々の胃袋を虜にしている、まかない飯もオススメ!こちらはAM6:00~AM11:00限定の丼なので、午前中に行かないと食べることが出来ません。

 

■朝丼
・茶漬け丼 380円
・海鮮卵かけご飯 480円

 

人気メニューはすぐ売切れてしまうのでご注意ください。

 

特に週末は大繁盛しているため、昼過ぎにはすでにお目当ての物が売切れていることも…。私もよく大好きな「まぐろ中落ち丼」にありつけずに肩を落とすことがあります(苦笑)。

まぐろ丼を実際に食べてみましたよ〜!

私がまぐろや本舗さんで実際に食べたときの丼を勝手ながら食レポ。

 

まぐろ屋本舗のまぐろ丼!

 

これが人気メニュー「まぐろ丼 500円」です。

 

まぐろの刺身がご飯を覆い隠し、海ぶどうが添えられています。

 

マグロが新鮮でオープンと同時に来れたことを誇りに思うレベル。このときのお椀はアラ汁をチョイスしましたが、お魚の出汁が出てて旨みが全身に染み渡ります。小鉢の甘辛煮も本当美味しくて、これをおかずに白米が欲しくなります。

 

まぐろ屋本舗のまぐろユッケ丼!

 

これは連れが注文した「まぐろユッケ丼 780円」で、甘辛のタレが食欲を刺激したそうでペロリと完食してました!こちらも海ぶどうが添えられていて観光客にも嬉しいはず。

 

そして、別の日に(機会がある度行っている)少しだけ奮発して本日おすすめの「美ら海本まぐろ丼 980円」も食べてみましたが、これは残念ながらタイミングが悪かったか筋が多めで、シャクシャクとした食感が気になりました。

 

美ら海本マグロ丼

 

味は濃厚で美味しかったので、また再チャレンジしたいですね!

 

やっぱり個人的には、「まぐろ中落ち丼 500円」か「ねぎとろ丼 500円」が好きですね。行く度売切れなので、絶対に食べたいときは昼の開店と同時に駆け込んでゲットします!

まとめ

まぐろや本舗いかがだったでしょうか。新鮮・安い・美味いの三拍子はたまりませんよ!私は、こちらで昼食を終えたあとは、夕飯用に刺身や切り身を鮮魚店で買って帰るのがいつもの流れです。

 

泊いゆまちの牡蠣もウマイ!

 

また脱線してしまいますが、まぐろや本舗目の前の鮮魚店では生牡蠣1つ250円で立ち食い販売していて、ついついふらっと立ち寄ってしまいます。

 

こんな感じで、ポン酢にもみじおろしにネギをのせて、つるっと一口です。まぐろ丼を食べたあとでも不思議とペロリ食べれちゃうんですよね。泊いゆまちマジック?w

 

お腹も心も満たされること間違いなしのまぐろ屋本舗、是非一度は足を運んでみてはいかがでしょうか。オススメでっす!

おすすめの記事