沖縄はすでに桜やひまわりが咲いて終わってしまう季節となりました。

 

春を飛び越して初夏のような気温を感じる日も時折ありますし、本格的な夏が来るのもそう遠くはありませんね。そこでチェックしておきたいのが沖縄の海開きの日にちです!

 

本島と離島の海開きの日程や、気温と海水温まで詳しく調べてまとめてみましたので、是非ご参考にしてみてください。


本島と離島の海開きの日程をチェック!

日本一早い海開きといえば沖縄!

 

3月に入ると県内各所のビーチでは海開きが始まり、4月にはほぼ全てのビーチが海開きを終えています。多くのビーチでは海開きに合わせたオープニングイベントが開催されます。

 

まずは沖縄本島の海開き日程がこちらです!各地域ごとに早い順に並べています。

 

■沖縄本島 南部地域
・波の上ビーチ 2017年4月2日ごろ
・あざまサンサンビーチ 2017年4月23日ごろ
・豊崎美らSUNビーチ 2017年4月26日ごろ
・美々ビーチいとまん 2017年3月26日ごろ

 

■沖縄本島 中部地域
・ニライビーチ 2017年3月1日ごろ
・残波ビーチ 2017年4月2日ごろ
・サンセットビーチ 2017年4月7日ごろ
・伊計ビーチ 2017年4月9日ごろ
・トロピカルビーチ 2017年4月22日ごろ
・西原マリンパーク 2017年4月22日ごろ

 

■沖縄本島 北部地域
・サンマリーナビーチ 2017年3月1日ごろ
・万座ビーチ 2017年3月12日ごろ
・かりゆしビーチ 2017年3月18日ごろ
・ウッパマビーチ 2017年3月19ごろ
・喜瀬ビーチ 2017年3月25日ごろ
・オクマビーチ 2017年3月26日ごろ
・カヌチャビーチ 2017年3月26日ごろ
・リゾネックス名護ビーチ 2017年3月26日ごろ
・恩納村海浜公園ナビービーチ 2017年4月1日ごろ
・瀬底ビーチ 2017年4月15日ごろ
・21世紀の森ビーチ 2017年4月15日ごろ

 

南部地域では那覇空港から約15分程の「波の上ビーチ」が一番乗り。

 

空港や港から近いので観光での利用にもとても便利なビーチで、那覇都心部にありますが人口ビーチということもあり、波は穏やかで水位が低く家族連れにも安心です。綺麗に整備された施設も申し分ありません。

 

紹介した南部の全ビーチでオープニングイベントやフェスティバルが行われますので、詳細については各ビーチにて直接お問い合わせてみてください。

 

中部地域ではなんと「ニライビーチ」が3月1日(水)ということで県内一の海開きとなりました!読谷村にあるリゾートホテル「ホテル日航アリビラ」に併設されたビーチです。宿泊関係なしに無料で利用することができ、県内有数を誇る透明度は水質が抜群です!

 

北部地域でも「サンマリーナビーチ」が3月1日(水)とニライビーチに並んで県内一の海開きとなります!こちらも水質は最高で、透き通った海に感激すること間違いなしです。マリンアクティブやレンタルアイテムも充実しているので観光にピッタリのビーチです。

 

そして沖縄離島の海開き日程がこちらです!

 

■沖縄離島
・シギラビーチ 2017年3月18日
・フサキビーチ 2017年3月19日
・真栄里ビーチ 2017年3月19日
・イーフビーチ 2017年4月2日
・与那覇前浜ビーチ 2017年4月3日
・阿真ビーチ 2017年4月9日
・阿波連ビーチ 2017年4月17

 

離島地域からは宮古島の「シギラビーチ」が最初!併設されたビーチハウスでは琉球石灰岩で仕切られたプライベート空間を満喫することができるのが魅力です。サンゴに囲また静かなビーチに白い砂浜にたてられたパラソルにリゾート気分はMAX。多種の熱帯魚やサンゴをシュノーケリングで楽しむこともできますよ♪

 

参考サイト
たびカタログ

 

この他にも日本一早い夏と題して「日本最南端!八重山の海びらき」があります。こちらも2017年3月18日(土)となっており、日本最南端に位置する八重山諸島の海開きは地元民・観光客問わずに一大イベントとなっています。

海開きの時期の気温はどれくらい暑さ?

沖縄の海開きが3月~4月とはなっていますが、実際のところ気温は何度くらいなのでしょうか?

 

気象庁の過去の気象データを確認してみると、3月初め頃は15度~18度前後の気温となっていますが、中頃になると20度~23度前後、後半にもなると23度~26度と気温が上昇しています。平均気温としては20度前後になります。

 

元々気候が安定しない亜熱帯気候の沖縄ですが、3月は雨風など気候が安定しません。

 

気温の変動があり不安定な時期ではありますが、日照時間が長くなったと感じるようになれば泳げる日もあるかもしれません。

 

4月は沖縄方言で「うりずん」という季語があるように1年で最も気候の良い月といわれています。

 

湿度もそこまでないので、湿度の高い沖縄の夏の間よりも気持ちよく快適に海を満喫できるかもしれません!4月の平均気温は25度前後くらいになっているので、太陽が出てれば海水浴も十分に楽しめます。

 

ちなみに、宮古島の友人は晴れた正月に海水浴を楽しんだそうなので天気に恵まれれば時期関係なく意外とイケちゃうのかもしれません(笑)。

海開きの時の海水温はどれくらいの温度?

天気はいいものの、海に入って「寒ぅー!」となるのか心配になりますよね?という事で、3月~4月頃の海水温についても調べてみました!

 

3月の日中は暖かく夏のような気温に感じますが、夜はまだ冷え込む日もあります。気候も安定せずに暴風になったりと海水温は安定しません。そのため、3月の水温は21℃~22℃程度になります。

 

4月に入ると23℃くらいになり海水温が安定してきます。多くの花々が満開になったころには、初夏を感じることができるでしょう。

 

風が弱い日を狙ってビーチに行くと気持ちよく泳ぐことができるかもしれませんね♪

まとめ

沖縄は冬の時期でも太陽がでれば夏のような陽気になることも珍しくないため、気温は割とあてにならないかもw

 

そうそう、沖縄の風習で海開きが行われると「浜下り」といって女性が手足を海水につけ身を清め健康を祈願するという厄払いの行事もあります。

 

健康第一ということで手足といわずにどうせなら全身浸かりたいところです!イケるかもと思った日にはチャレンジしてみてもいいかもしれませんね(笑)。

 

(と、こんな事を言っておきながら、3月~4月はそこまで気温も海水温も高くないので無理だけはせずに^^;足をつけるくらいにしておいた方が心臓に悪くないかも!入るなら、風が弱い日がオススメです。)

おすすめの記事