沖縄観光にはシーサーの手作り体験がとても人気!

 

その人気に比例して沖縄本島にはたくさんのシーサー手作り体験施設があり、ガイドブックに載っている観光施設から地元の小さな工房まで決めきれないほどです。

 

そこで有名な観光地周辺をメインに、沖縄本島の南部・中部・北部とエリアごとにシーサー手作り体験施設をチョイスしてみましたよー!

 

観光地を軸にして動けるので、時間の無駄もなく観光を存分に満喫しながらシーサーも作れますよ^^


シーサーはやっぱり手作りで!沖縄本島南部の体験施設5つ!

沖縄本島の南部地域は、那覇市・南風原町・豊見城市・八重瀬町・南城市・与那原町・糸満市があり、那覇空港が近いことから有名な観光地が多いのが特徴です。

 

なかでも那覇の最大の繁華街『国際通り』付近には、沖縄方言で焼き物のことを指す“やちむん”通りもあることから、シーサーの手作り体験施設が集中しています!

 

沖縄国際通りの那覇市伝統工芸館
住所:沖縄県那覇市牧志3−2−10 てんぶす那覇
体験メニュー:壺屋焼シーサー作り体験
体験料金:3,100円
所要時間:約120分

 

国際通りに面したこの建物、壺屋焼メニューから沖縄でとれた赤土の粘土を使ったオリジナルシーサーを作ることが出来ます。

 

この他にも施設内では琉球ガラス体験や琉球紅型体験も出来るので、子どもから大人まで家族全員でそれぞれがやりたいものを選ぶことができるのがポイントです!

 

沖縄アート体験 美ら風
住所:沖縄県那覇市牧志3丁目2−50
体験メニュー:シーサーアクセサリー作り
体験料金:1,250円
所要時間:約20分

 

商店街を入ったところにあり、すでに作られた手乗りサイズの漆喰シーサーに色付けするだけの簡単メニューからゼロから作る本格メニューまでさまざま!

 

ピアスやネックレスなど、シーサーを身につけることができちゃうシーサーアクセサリー作りもあり、女性向けですぐ持ち帰れるメニューばかりなので女子旅にもうってつけです!

 

工房ちゅらうみ家
住所:沖縄県那覇市牧志3-2-45
体験メニュー:絵付け たのシーサー・幸せシーサー
体験料金:1体1,836円~1体2,268円
所要時間:約45分

 

ひとつひとつデザインが違うお顔のシーサーから好きなものを選んで、沖縄らしい原色強めのカラフルな色付けが体験できます。可愛らしい表情のシーサーに愛着がわき、子どもも大人も夢中になって作業に没頭しちゃいます!

 

南城市は世界文化遺産の斎場御嶽(せーふぁうたき)をはじめとした自然の観光スポットが多く、『おきなわワールド文化王国玉泉洞』には沖縄文化体験メニューが詰まっています!

 

おきなわワールド文化王国玉泉洞 陶器工房
住所:沖縄県南城市玉城字前川1336番地
体験メニュー:シーサー型押し
体験料金:1,620円
所要時間:約10分

 

なんと10分で作れるシーサー体験が!壁掛けできるシーサーがものの数分で完成しちゃいます。時間がないけどシーサーは手作りしたいと欲張りの人にはもってこいの体験メニューですよ♪

 

南城市カフェ ナチュラ
住所:沖縄県南城市知念久手堅405-5
体験メニュー:沖縄陶芸体験
体験料金:2,000円
所要時間:約90分

 

海が見えるカフェに併設されている沖縄陶芸体験施設。陶芸療法士が行う陶芸セラピーやヨガを取り入れた陶芸体験は初体験。沖縄の美しい海を眺めながらリラックスした状態で作るシーサーのお顔は、不思議と自分自身の写し鏡のように優しい表情に。

沖縄本島中部のシーサー作り体験施設

沖縄本島の中部地域は、うるま市・沖縄市・読谷村・嘉手納町・北谷町・北中城村・中城村・西原町・宜野湾市・浦添市となり、基地に囲まれたアメリカ文化と沖縄文化が融合した異世界空間が体験できるスポットが多いです。

 

読谷村には西海岸側に複数の工房があり、海風を全身に浴びながらのシーサー作りは沖縄独特のインスピレーション受け、本物の職人になった気持ちでシーサーが作れるかも!?読谷村の観光施設『体験王国むら咲むら』を起点にこちらをチョイス!

 

手作工房ひで房
住所:沖縄県中頭郡読谷村字高志保1020-1(むら咲むら内)
体験メニュー:シーサー製作体験コース ミニちらシーサーかべかけ色付け
体験料金:2,800円
所要時間:約60分

 

むら咲むら内にあるこの工房では表札シーサーがおすすめ!シーサーが大きく口を開けたところに名入れできるものや、両サイドに小さなシーサーが守ってくれる表札など沖縄観光から帰ったらすぐに飾りたくなっちゃうはず!

 

ロクロ陶芸体験~沖縄南の島陶芸工房~
住所:沖縄県中頭郡読谷村字古堅273番地
体験メニュー:スタッフサポートコース
体験料金:4,500円
所要時間:約90分

 

少人数制でスタッフがみっちりサポートしてくれるので、自分が思い描いた表情のシーサーを作ることが可能になります。高級感がでる釉薬仕上げのオプションもあるので、世界でひとつだけのシーサーが完成しますよ!

 

手作りシーサーたつ房
住所:沖縄県国頭郡恩納村字真栄田3710
体験メニュー:さんしんシーサー色付け
体験料金:2,500円
所要時間:約60分

 

実はむら咲き村の「ひで房」さんの系列工房で、こちらの方が体験メニューが充実しています!その中でも三線(三味線)を持ったシーサーに色づけ出来るメニューは、楽しそうなシーサーの表情に自然と元気付けられます。

沖縄本島北部の手作りシーサー体験施設

沖縄本島の北部地域には、国頭村・今帰仁村・本部町・大宜味村・東村・名護市・金武町・宜野座村・恩納村があります。

 

やっぱり沖縄観光といったら『沖縄美ら海水族館』は外せないですよね!安心してください。美ら海水族館がある本部町付近にもシーサー体験ができる施設がありますよ。

 

シーサーパーク 琉球窯
住所:沖縄県名護市為又479-5
体験メニュー:電動ろくろ泡盛壷作り
体験料金:5,150円
所要時間:約60分

 

本部町にあがる道中にある赤い大きな建物で、衝撃の355名収容の施設で団体観光にはピッタリ!

 

沖縄の地酒「泡盛」を入れるつぼをろくろで作れる特別体験メニューは、酒じょーぐー(酒好き)の人は絶対に体験して欲しいところ。他にもメニューが充実しているのでメインの観光スポットになる可能性も!

 

カフェ アンテナ
住所:沖縄県国頭郡本部町字崎本部668番地
体験メニュー:ものづくりメニュー シーサー作り
体験料金:2,000円
所要時間:約60分

 

美ら海水族館から一番近いこの場所は、シーサー作りができるカフェなんです。ロケーションが抜群で目の前は沖縄ブルーの海!シーサー作りにはカラフルに着色されたサンゴを無料で装飾できるので、特徴的なオリジナルシーサーを作れちゃいます。

 

今帰仁体験工房
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村与那嶺
体験メニュー:手びねりシーサー作り
体験料金:3000円
所要時間:約60分

 

美ら海水族館を少しだけ過ぎたところにある工房。自然に囲まれたこの場所はいるだけで癒されます。

 

ものづくり体験工房では五感を使った体験メニューが特徴で、沖縄のパワーが溢れ時間を忘れてものづくりに集中できます。他には環境や物、食べ物などからくる体の変化を学べるワークショップが魅力で、本当の自分探しにもピッタリ。

まとめ

アナタが求めている手作り体験施設はありましたか?

 

シーサー作りはただ作るだけではなく、それぞれが何かを“感じる”ことができるのが、良いところでの一つですよね。

 

昔のうちなーんちゅ(沖縄人)も美しい沖縄の海や自然から、何かしらインスピレーションを受けて守り神シーサー作りに没頭したことだろうな〜と、勝手に思っていますw

 

↓関連記事も読んでいってくださいね〜!

 

コレであなたもシーサー博士間違いなし!?笑

シーサーの意味と由来!オスとメス性別の違いの見分け方は?



 

読谷の巨大シーサーは必見!

読谷村の巨大シーサー残波大獅子がデカすぎ!高さや設置理由をチェック!

おすすめの記事