この時期の風物詩として有名な「那覇大綱引き」は、今年2016年度の開催で第46回目を迎える、総観衆約28万人のビッグイベント!

 

県民だけではなく観光客にも非常に人気のイベントで、毎年このタイミングに合わせて旅行に訪れるリピーターも多く、まつり期間中の3日間には恒例の花火が打ち上がってフィナーレを迎えます。

 

そこで今回は、那覇大綱引き2016の花火打ち上げ時間や気になる混雑状況、さらには地元民イチオシの穴場スポットまでを詳しくご紹介!これは要ブックマークやで!笑


那覇大綱引き2016の花火の打ち上げ時間は何時?

まず那覇大綱挽まつりは開催地の那覇市をはじめ、那覇市観光協会、那覇大綱挽保存会、琉球放送(RBC)の4社合同で主催されています。名物の那覇大綱引は那覇大綱挽保存会にて取り仕切られ、花火は琉球放送の「RBC市民フェスティバル」が主管となります。

 

そのため、那覇大綱挽まつりの開催概要が分かりづらくなっています。

 

メインイベントの大綱引のスケジュールは那覇大綱挽保存会の公式サイトにて確認ができます。花火などのRBC市民フェスティバル開催のイベントは、琉球放送の公式サイトから確認できますが、現時点ではまだ情報が揃っていないようです。

 

那覇大綱挽保存会 公式サイト

RBC市民フェスティバル 公式サイト

 

綱引きは国道58号線久茂地交差点にて行われますが、花火の開催会場は別の場所で主催により会場が各所に分かれます。

 

RBC市民フェスティバルは今年も「奥武山(おおのやま)総合運動公園」で、この奥武山公園会場の陸上競技場より開催期間中全日で花火が打ち上げられる予定となります。

 

実施日程はこちら。

■第46回那覇大綱挽まつり RBC市民フェスティバル
日付:2016年10月8日(土)・9日(日)・10日(月)
時間:11時00分~21時00分
会場:奥武山総合運動公園

 

会場では出店はもちろん、イベントやLIVEなどの催しも盛りだくさん!このまつり期間中の3日間は、那覇の夜空は打ち上げられた花火で彩られます。

 

花火の打ち上げ開始時間ですが、まつり終了時間1時間前の20時からとなります。

 

ここで気になるのが、混雑状況です。

那覇大綱引き2016の混雑状況はどれ程!?ピーク時間は?

冒頭にもある通り那覇大綱引きは総観衆約28万人という大イベント。そのうち大綱引きの挽き手が1万5千人なので、ほとんどが見物やまつりの来場者ということになります。

 

ただでさえ人口密度が高い那覇市の人口が約32万人なので、那覇大綱引き2016で県内外から集まった観衆で、いつも以上に人口密度が増します。

 

また、パレードや綱引きなどに合わせて開催会場の周辺道路では交通規制があり、沖縄県唯一の片側3車線道路「国道58号線久茂地交差点周辺」や観光地で有名な「国際通り」など一部区間が規制され、更なる混雑や渋滞が予想されます。

 

関連記事:那覇大綱引きの交通規制情報はこちらの記事をチェック!

 

特に名物の大綱引きが行われる2日目は、大混雑となるでしょう。

 

大綱引きは体育の日の3連休中日の10月9日(日)に開催されますが、綱引きが16時過ぎに始まり勝負が30分と続くので、勝敗が決まった17時頃をピークに那覇大綱挽まつり2016の花火が打ち上がる奥武山公園へと人が流れていきます。

 

花火が20時から打ち上がるため、その1時間前からは身動きが取りづらい程の人であふれていることでしょう。場所取りや出店で夕ご飯を求める人など、一気に来場者が押し寄せます。

 

ちなみに大綱引会場の久茂地交差点から奥武山公園までは、徒歩で約15分~20分程度はかかります。普段は車だと5分程度の短い距離ですが、まつり期間中は周辺の道路の渋滞が予想されるので、タクシーや車などでスムーズに移動することは厳しいでしょう。

 

モノレールだと県庁前駅から乗車して、奥武山公園駅で降りれば約6分程の距離ですが、こちらもまつり期間中は大混雑が予想されるので、案外徒歩の方が早かったりしますよ!

 

というわけでこの記事を読んでいるアナタは、すでに予想される混雑状況にげんなりしていることでしょう。

 

そんなアナタに一押しの穴場スポットをこっそり教えておきます!

那覇大綱引き2016の穴場スポットを調査してみた!

最後に地元民だからオススメできる、那覇大綱引き2016の人混みを避けて楽しむ花火が絶好の穴場スポットをご紹介!

 

まずは個人的に好きな「がじゃんびら公園」です。公園の階段を登ったところに広場が広がり、那覇の景色が一望できるスポットとなります。夜になると夜景も綺麗なので、普段からカップルのデートスポットにもなっています。

 

・がじゃんびら公園
住所:沖縄県那覇市金城1丁目

 

次に、お店なので紹介しづらいですが、真玉橋にあるイオンタウンに入っているマックスバリューの屋上も意外な鑑賞スポットです。大型駐車場があるので周辺住民からの人気が高いですが、花火会場に行くよりは全然マシなレベルです!

 

・マックスバリュとよみ店
住所:沖縄県豊見城市字根差部710 イオンタウンとよみ

 

あとは奥武山公園会場から近いですが、クルージング船が出ている「那覇ふ頭」の港付近もいいです。近くのロワジールホテルでお酒を片手に眺めれたら…最高ですが!さらに少し先にある「波の上ビーチ」周辺からも花火は見えるとの噂も!

 

・那覇ふ頭前緑地
住所:沖縄県那覇市西1丁目1

・波の上ビーチ
住所:沖縄県那覇市若狭1−25−11

 

基本的には高台となりますが、高さがあるスーパーやデパートなどの屋上で眺める人がやはり多いようですね。大綱引会場近くの「パレットくもじ」屋上のパレットスカイガーデンからも見えるそうです!

 

・パレットくもじ
住所:沖縄県那覇市久茂地1丁目1-1

 

さらに遠くなると新都心あたりからも花火が見えるらしいですが、やはり迫力にかけるので見れたらラッキーくらいで。そこら辺の屋上があるとこだと「サンエー那覇メインプレイス」や「楽市」でしょうか。

 

・サンエー那覇メインプレイス
沖縄県那覇市おもろまち4丁目4番9号

・天久りうぼう楽市
沖縄県那覇市天久1丁目2番1号

 

あとは豊見城市の高台地域からも花火が見えます。夜に行くのは少し怖い気もしますが、「海軍壕公園」からも東シナ海側がみえるので、見れるはず!

 

・海軍壕公園
住所:沖縄県豊見城市字豊見城236番地

 

あとは誰にも教えられませんが、私の家からも見えます。結構遠目になりますけどね(笑)!ちょっとマイナーな場所もありますが、どこもGoogleマップから確認することができるので、混雑を避けたいという人は参考にしてみてくださいね。

まとめ

那覇大綱引きは沖縄県を代表するイベントといっても過言ではありません。大綱の手綱は勝負後にバラされて配布されるので、縁起物として絶対に手に入れたいところです!

 

なお、最後に紹介した穴場スポットに行く場合は、周囲の迷惑にならないようにお願いします。トラブルなどの一切の責任は負えませんので、自己責任でどうぞよろしくお願いします。

 

南部地域住みで知り合いや友だちがいるのであれば、ホームパーティーを開催してもいいですね!私は誰も家に呼ばずに、ビール片手に自分だけで満喫する予定です(笑)。

おすすめの記事